オリーブオイル キヨエフェイスブックページ
Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook
お知らせ・最新情報

What's New お知らせ・最新情報

2017年06月26日
「冷やしキャベツサラダのサラダ」のオリーブオイルレシピを追加しました。

本日は、グルタミン酸が豊富なキャベツを使ったレシピです。
夏キャベツは春キャベツと違って葉に厚みがあるものを選べば、
後は湯煎して、冷まして、塩コショウとキヨエのオリーブオイルで
簡単に一品の完成です。

◇今回のオリーブオイルのレシピ
キャベツ・オリーブオイル

2017年06月20日
情報誌「リンネル」でキヨエ・オリーブオイルが掲載

生活情報誌「リンネル」でキヨエ・オリーブオイルが紹介されました。
『最高品質のまっすぐなオリーブオイル』は、料理だけではなく、
そのままかけても美味しいですと記者のコメントも頂きました。

オリーブジュース100%オイル<キヨエ>は、負荷なくオリーブジュースを約3ヵ月以上
寝かせて分離させた上澄みのオリーブオイルです。製法は寝かせて作るだけなので、
その年のでき具合は、その年の太陽と雨と気候が決めます。
だからキヨエは、自然の影響をまっすぐ受けるまっすぐなオリーブオイルです。


◇「リンネル オリーブオイル

2017年06月19日
女性誌「LEE」でキヨエ・オリーブオイル掲載。

女性誌「LEE」でキヨエオリーブオイルが掲載されました。

記事の詳細はこちら

2017年06月16日
送料・代引き無料「お中元キャンペーン」を開始致します。

―――――――――――――――――――――――

送料・代引き手数料無料

「お中元キャンペーン」を開催中。
  (*1配送につき1,000円以上の方)

―――――――――――――――――――――――


平素よりお世話になっております。

本日より送料・代引き手数料無料の
「お中元キャンペーン」を開催中です。
どうぞ引き続き宜しくお願い致します。

 

2017年06月12日
女性誌「VERY」でキヨエ・オリーブオイル掲載。

女性誌「VERY」7月号で、キヨエ・オリーブオイルのモニターの声を掲載。

2017年06月05日
トマトのシャキシャキサラダをレシピに追加しました。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるぐらい、
トマトに栄養がたくさん含まれていることをむかしの人々は知っていました。

今回のオリーブオイルレシピは、そんなトマトを使いました。
食感を出すために玉ねぎに米酢を吸わしてちょっと酸を立てた
トマトのレシピです。

強力な抗酸化作用があると知られているリコピンはオリーブオイルとの
相性がよく、今回のレシピでも仕上げに使用しています。

シャキシャキトマトのサラダ

2017年06月01日
定期コース申し込めば【1本必ずもらえる!】キャンペーン中 11日まで!

お客様へ


平素より大変お世話になっております。
定期コースをリニューアル致しました。


本日6月1日から11日までにキヨエの定期コース
お申込み頂いたお客様全てに
120ml 1本をプレゼントいたします。

どうぞ引き続き宜しくお願い致します。

2017年05月30日
キヨエ・オリーブオイルとチーズで美味しく食べる玉ねぎレシピを追加しました。

辛みが弱く、生食で食べられることの多い新玉ねぎは、
玉ねぎの甘さを感じられ春先からお店に並びだします。
今回のレシピは、オリーブオイルとチーズを使っただけで、
キヨエと相性の良い醤油を少し加えたレシピです。

スライスした玉ねぎに、醤油・キヨエそしてかつお節が
定番ですが、カッテージチーズと海苔に致しました。
チーズと海苔の相性も楽しめる逸品です。

玉ねぎの涙を抑えるために、
冷蔵庫でよく冷やすことや、玉ねぎの切り口を水でぬらすなど
注意することで軽減できるそうです。

今回のオリーブオイルレシピ
新玉ねぎとカッテージチーズのサラダ

 

2017年05月29日
【リピータのお客様へ】新システム移行に伴うIDパスワードのお知らせ

お客様へ

平素よりお世話になっております。
本日より新システム移行に伴いパスワードが初期化されています。
お手数ですが、ログインして頂く際はIDはご登録済みのメールアドレス、
パスワードの項目にはご登録の電話番号(ハイフン無)をご利用下さい。

初回ログイン後、パスワードの変更頂くをお勧め致します。
尚、ログインしていただいてもエラーになるお客様につきましては、
申し訳ございませんが
再度ご登録をお願い致します。
(システム上エラーが出る場合もあります)

お手数おかけしますが、
どうぞ引き続き宜しくお願い致します。

 

2017年05月26日
春キャベツを使ったレシピをアップしました。

世界中で食べられているキャベツは、ヨーロッパが原産です。
1年を通してお店に並び、葉の柔らかいものは春先に出始め、
冬になるとロールキャベツのような煮物に向いた葉質になります。
日本は四季があり、高低差があるので、春は関東平野部で、
夏は長野や群馬、冬は高知や愛知で作られています。

今回のレシピは、バロックスオリーブオイルで
キャベツとタラコをシンプルに和えました。

◇今回のオリーブオイルレシピ
春キャベツのタラコ和え

 

2017年05月19日
ミシュランシェフのAbysse(アビス)目黒オーナからコメントを頂きました。

キヨエ・オリーブオイルを愛用頂いている
日本の若手シェフのAbysse(アビス)目黒シェフから
コメント頂きました。

詳細ページはこちら

2017年05月18日
「かつおのたたき」をオリーブオイルレシピに追加しました。

初ガツオと戻りガツオ。
今回は、春のカツオである初ガツオを使ったオリーブオイルレシピです。

春に獲れる初ガツオは、脂が少なくても旨みがたっぷりあるので、
たたきに向いています。秋の戻りガツオは、脂身がたっぷりあるので、
そのまま刺身にむいています。

カツオが、家庭で生で食べられるようになったのは、
まだ最近の話で、流通の進化で食べられるようになりました。
アミノ酸の一種「ヒスチジン」がカツオには多く、
時間が経過するとヒスタミンに変わりアレルギー反応が
出る可能性があるそうです。

切り身は、澄み切った赤色を選ぶのがおすすめです。
うま味たっぷりの初ガツオと薬味で楽しむレシピです。

今回のオリーブオイルレシピ
かつおのたたき




 

 

2017年05月17日
「ラム肉のステーキ」をレシピに追加しました。

今回はラム肉を使ったオリーブオイルレシピです。
ラム肉の臭みは、羊肉に限ったことではありません。
草食動物が食べる草に含まれる葉緑素が臭いの元になるそうです。
だから生後1年未満のラム肉は、1年以上のマトンに比べ
臭いが少ないとされています。

ラム肉の独特な香りに、ハーブを合わせることで
美味しく食べるレシピに致しました。

オリーブオイルレシピ
ラム肉のステーキ

 

2017年05月12日
「長なすの胡麻和え」をオリーブオイルレシピに追加しました。

なすびとオリーブオイルを使ったレシピです。
原産地がインドの茄子は、シルクロードで日本へ伝わりました。
およそ8世紀のころだそうです。

茄子の紫色はポリフェノール類の一種で、ナスニンと呼ばれています。
紫色のナスニンがない白ナスや西洋種のゼブラナスなど
たくさんの種類があります。梅雨の時期から旬を向かえる茄子は、
体を冷やす野菜とされているためお嫁さんを気遣って
「秋ナスは嫁に食わすな」と言われていたそうです。

今回のオリーブオイルレシピは、
焼いた茄子を熱々の内に調味液で和えて味を馴染ませた簡単料理です。

長なすのごま和え

2017年05月11日
「たっぷりねぎ炒め」をオリーブオイルレシピに追加しました。

ネギしか冷蔵庫にない時のオリーブオイルレシピです。

ねぎの独特な香りは、硫化アリルと言う成分によるものです。
ビタミンB1の吸収率を高めるとされ、豚肉などとねぎを合わせると良いそうです。
緑色の部分は、緑黄色野菜と同じβカロテンやビタミンCが豊富です。

昔は、長ネギなどは冬が旬でしたが、今や九条ネギのように、
高低差や地域で栽培をずらし年中食べられる野菜となりました。
薬膳としても使われていて、細かく刻んだ白ネギに生姜と味噌をいれ、
熱湯で溶かして飲むと、風邪に良いとされていたそうです。

今回のオリーブオイルレシピ
たっぷりネギ炒め

2017年05月10日
「真鱈のアンチョビソース和え」をオリーブオイルレシピに追加しました。

今回のオリーブオイルレシピは、鱈を使用しました。
冬にしか食べられなかった鱈は、今や世界中から輸入されるようになり、
年中お店で手に入る魚となりました。初雪のころから獲れるのと、
身が雪の様に白いので、魚編に「雪」でタラとなりました。

オリーブオイルの食文化でも鱈は使用され、
北にあるアイルランドとイギリスは、鱈の漁獲をめぐって戦争を
したほど世界中で食べられています。フィッシュ&チップスの材料で
良く食べられるので、魚を食べない国でも消費されています。

今回のバロックスオリーブオイルで鱈を蒸して焼きましたが、
鱈は火が通りやすいので、強火で行うと身が崩れやすくなるので
火加減の注意が必要です。

今回のオリーブオイルレシピ
鱈のアンチョビソース和え

2017年05月02日
混ぜるだけ「タコと新玉サラダ」をオリーブオイルレシピに追加しました。

今回のオリーブオイルレシピは、玉ねぎとタコを使いました。
玉ねぎは昔から食べられていたイメージがありますが、
日本で栽培が始まったのは、まだ明治時代からで歴史は浅い野菜です。
しかしながら今ではすっかり和食に欠かせない野菜となりました。

オリーブオイルと玉ねぎの相性はよく、
玉ねぎの血液サラサラ効果は生食が良いそうです。
涙の原因である硫化アリルはビタミンB1の吸収を助けるので、
糖質を消化するのに必要なB1に働き、新陳代謝を活発にするそうです。

タコと玉ねぎをキヨエのオリーブオイルを合わせただけの簡単レシピ。
隠し味にナンプラーを少し足しました。醤油と違った魚醤のうま味が
タコと合います。

オリーブオイルレシピ
タコと新玉サラダ

2017年05月01日
「春のマリネ」をオリーブオイルレシピに追加しました。

今回は春の野菜を使ったオリーブオイルのレシピです。

春を伝えるアスパラガスとたけのこ。
アスパラガスは4月下旬からタケノコは4月から旬が始まります。
古事記に、たけのこの記述があり昔からタケノコは春になると我々の
先祖たちは食べていたそうです。小さいものの方がエグミが少なく、
すぐに茹でるのが大切です。

アスパラガスは、日本に伝わったのは江戸時代で当時は観賞用でした。
大正時代から栽培が始まり、今やオリーブオイルを使う、
イタリアン料理などでも欠かせない存在です。
緑黄色野菜のアスパラガスには、疲労回復で注目されているアスパラギン酸を
含んでおり、柔らかな食感と香りがあるのでマリネ料理などでも大活躍です。

今回はアスパラとタケノコを合わせるのに、ホタテ貝柱がキーポイントです。
ホタテはうま味成分のコハク酸を豊富に持っており、キヨエのオリーブオイルと
合わせることでアスパラとたけのこの味も持ち上げてくれます。
昭和40年代まで庶民が口にできないぐらい高価な貝でしたが、
養殖技術の進歩のおかげで価格が暴落し、今のようにお店で並ぶようになったそうです。

今回のオリーブオイル・レシピ
春のマリネ

 

2017年04月28日
2017年ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2017年ゴールデンウィーク休業のお知らせ≫

53()57()
休暇中のお問い合わせにつきましては8()以降順次対応させて頂きます。

また休暇前後のお申込につきましては、
ご希望通りにお届けできない場合がありますのであらかじめご了承ください。

 

2017年04月28日
「香り楽しむ三つ葉蕎麦」をレシピに追加しました。

セリ科の一種である三つ葉とオリーブオイルの蕎麦のレシピです。
香りを楽しんで頂くために三つ葉など加えました。

三つ葉は野草で生息しており、むかしから食べられていました。
江戸時代に入ってから栽培が始まり、日本料理に欠かせない
食材となりました。香りが特徴で、キヨエ・オリーブオイルとの相性がよく
乾麺から蕎麦を茹でることで、固めにゆで上げキヨエ・オリーブオイルで和えた
新玉ねぎ・茗荷・みつばを合わせて作りました。

根三つ葉は、3月―4月が旬で糸三つ葉と比べて風味が強いので、
より香りを楽しんで頂けると思います。

今回のオリーブオイルレシピ
香り楽しむ三つ葉蕎麦

2017年04月26日
「ブラウンマッシュルームのおつまみ」をキヨエのオリーブオイルで作りました。

ブラウンマッシュルームとキヨエのオリーブオイルを
使った今回のレシピは、簡単で申し訳ございません。

ブラウンマッシュルームとホワイトマッシュルームの違いは、
ブラウンマッシュルームの方が香りときのこの風味がします。
大きな違いは菌の種類が違うので、味に差がでるようです。
うま味成分の「グアニル酸」は、シイタケなどのキノコに比べて
数倍も含まれているので、キヨエ・オリーブオイルと合わせやすいです。

マッシュルームを食べる際に、水洗いするとマッシュルームに水が入り、
味が損なわれる可能性があります。黒い土などが付いている場合は、
濡れ布でふき取ると良いそうです。

マッシュルームのうま味を活かすため、エシャロットとパセリだけ加え、
キヨエのオリーブオイルで仕上げました。

今回のオリーブオイルレシピはこちら
ブラウンマッシュルームのおつまみ

 

 

2017年04月24日
「マグロのクレソンサラダ」をオリーブオイルレシピに追加しました。

キヨエのオリーブオイルで作る「マグロのクレソンサラダ」は、
クレソンとマグロがあれば作れる簡単レシピです。

私たちの食べているマグロは大きく6種類で、
マグロの王様とよばれるクロマグロは、家が買えるぐらい高価なもので、
毎年の初セリでマスコミも注目するぐらいの価格で取引されています。
メバチマグロ・キハダマグロなどはお店でも見かけると思います。
メバチは冷凍ものばかりですが、それでも美味しいものです。

ちなみに大トロは、お腹にある内臓を包んでいる部位で、
全てのマグロにはなく、クロマグロとミナミマグロだけが持っています。

今回はオリーブオイルとマグロのカルパッチョを少しアレンジしたレシピで、
クレソンの香りも楽しめる料理です。

今回のオリーブオイルレシピ
マグロのクレソンサラダ

2017年04月21日
「マッシュルームサラダ」をオリーブオイルレシピに追加しました。

マッシュルームをスライスして、塩とキヨエ・オリーブオイルでも美味しいのですが、
今回はクレソンとキュウリの青味を楽しんでもらえるレシピに致しました。

マッシュルームは、癖がなく合わせやすい食材なので、
世界中で生産されている量は、キノコの中でも1番です。
ビタミンB2も豊富で、うま味成分のグルタミン酸が豊富なので
きゅうりとクレソンのアクセントになります。

きゅうりの苦味やえぐみを塩もみして取り除き、
クレソンの独特なかおりにキヨエのオリーブオイルをかけただけの
簡単レシピなので、ぜひお試しください。

今回のオリーブオイルレシピ
マッシュルームサラダ

2017年04月20日
「今買うべき調味料はこれでした!」(FRaU)でキヨエ・オリーブオイルが紹介されました。

デパートや食料品店のバイヤーが進める調味料の中で、
オリーブジュース100%オイル・キヨエが紹介されました。

「完熟のオリーブを使用したオリーブ本来の味わいを楽しめる
オリーブオイル」です。

◇詳細ページ「FRaU オリーブオイル・kiyoe

1 / 2512345...1020...最後 »

ご購入はこちら

  • 毎日のオリーブオイル 普段のお料理にオリーブオイルを使いたいとお考えの方へ
  • 大切な方へのギフト 大切な方へ安心と健康を届けます。
  • その他の商品 オリーブの実、その他のキヨエの商品
  • 定期購入のご案内 毎日キヨエを楽しんで頂ける定期コースができました。