丸い地球に感謝 | HISTORY

オリーブオイル キヨエフェイスブックページ
Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook
背景

キヨエのふるさとは 丸い地球に感謝なしではつくることができません。

日照時間と気候がオリーブを豊かにします。

地球の球体と地軸の傾きが、オリーブ栽培の絶対条件、「日照時間」と「気候」を豊かにしてくれました。キヨエのふるさとオーストラリア・アデレード(南緯35度)は、北半球のオリーブオイル産地(北緯35度)と同じ、「地中海性気候」です。

「日照時間」と「気候」

丸い地球の形と約23.4度の地軸の傾きのおかげで、夏季には日が高く昇り、昼の時間が長く、日照時間が変化することで私たちに四季をもたらしてくれています。
地軸の傾きがなければ四季はなくなり、地球が寒冷化します。

キヨエの農場がある南オーストラリア州でも、地球の恵みを受けオリーブ栽培の絶対条件である「日照時間」と「気候」を豊かにしてくれています。丸い地球のおかげで、キヨエのふるさとオーストラリアのアデレード(南緯35度)は、地中海周辺のオリーブオイル産地(北緯35度)と同じ、「地中海性気候」です。

丸い地球に感謝

日照時間と気候がオリーブを豊かにします。

地球の球体と地軸の傾きが、オリーブ栽培の絶対条件、「日照時間」と「気候」を豊かにしてくれました。キヨエのふるさとオーストラリア・アデレード(南緯35度)は、北半球のオリーブオイル産地(北緯35度)と同じ、「地中海性気候」です。

世界の年間日照時間 キヨエのふるさと(アデレート)2768時間

豊かな自然が息づく2000haの広大な農場

豊かな自然が息づく2000haの広大な農場。(東京ドームが430個分の広さ・港区と同じぐらいの面積)です。

アデレードの郊外にあるキヨエの農場は、大変肥沃でオリーブ栽培のための灌漑用の井戸とため池があれば十分で化学肥料は必要ありません。
夏季には気温40℃を越す日々、ミネラル分の多い肥沃な土壌そして南極からのめぐみの雨は、貴重な「キヨエ」を育てる上で欠かせないものです。

世界が驚くオリーブオイル作りを目標に、遺伝子組み換えなしのオリーブの木を育てています。「キヨエ」を次世代に伝えるべく、1990年代から準備に3年、栽培をはじめて7年目で日本へ持ってくることに決めました。

無農薬・無添加そして自然の恵みは、今も変わりありません。

豊かな自然が息づく2000haの広大な農場

  • Part.1 History 出会い
  • Part.2 History 丸い地球に感謝
  • Part.3 History ワインの名産地

ご購入はこちら

  • 毎日のオリーブオイル 普段のお料理にオリーブオイルを使いたいとお考えの方へ
  • 大切な方へのギフト 大切な方へ安心と健康を届けます。
  • その他の商品 オリーブの実、その他のキヨエの商品
  • 定期購入のご案内 毎日キヨエを楽しんで頂ける定期コースができました。